FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

いじめについて

いじめについて
私は小学生三年生のとき、
いじめる側にいたので、
いじめについて
何事かを提案できる立場にはありません。

しかし長い間秘教を学んできて、
いじめの背後に横たわっている問題が見えますので、
このブログを通して
いじめ問題に関心のある方に意見を伝えたいと思いました。

私は小学生四年生まで、
自分の家においても、
忙しい両親にほったらかしにされ、
愛情に飢えたひねくれた人間でした。

そのためかどうかはわかりませんが、
毛色の変わった人、
つまり仲間はずれとなっている人を
いじめる側について
その加勢をしていました。

動物社会とりわけ集団で獲物を追う
犬やジャッカルの集団では、
人間のいじめに似たような状況が
自然に発生しています。

幼い人間の集団では、
その動物集団のいじめを踏襲しているように思います。

動物の社会で食べ物が十分に得られないとき、
いじめが発生します。

そのようにして動物たちは、
獲物を獲得する力を
強くしていたのかもしれません。

人間社会においては、
集団にしっかりとした目的意識がないとき、
つまり価値ある目標が見失われているとき、
いじめが発生しやすいのです。

その集団の核となっている
担任の教師が価値ある目的意識を
生徒たちに掲げることができないとき、
いじめは発生しやすいのです。

一頃二十人二十一脚という競技が
全国の小学校の対抗コンクールが行われました。

このコンクールに出場を目指す学校では、
いじめが行われるどころか、
もっとも足の遅い生徒を
みなでカバーするという愛が示されていました。

NHKの合唱コンクールに
出場しようと練習に励む学校では、
歌の下手な生徒がみなにいじめられるということはありません。

二つの例は、
クラス全体に価値ある目標があるからです。

価値ある目標は、
動物社会における十分な食料と同じく、
グループのメンバーに愛を行う動機となります。
スポンサーサイト



  1. 2013/03/16(土) 22:38:21|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日曜討論を聞いて | ホーム | オープン・マインドの必要性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimizutoisi.blog134.fc2.com/tb.php/1020-c935de1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)