FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

アンターカラナについて

アンターカラナについて
アリス・ベイリー著「新時代の教育」という本には、
アクエリアス時代の教育は、
生徒たちがアンターカラナを築くように
指導することが一番の目標になることが書かれています。

そうは言っても現在のところ、
アンターカラナに関心を持っている人が
どの位いるのでしょう?

たぶん日本全国で数名だと思います。

芥川龍之介の短編小説
「蜘蛛の糸」という作品は、
アンターカラナを
象徴的に表現したものだと、
私はかつて伝えたかもしれません。

「蜘蛛の糸」と言えば、
西洋の「聖杯伝説」に書かれている
アーサー王物語にも蜘蛛が出てきて、
その蜘蛛が何度も何度も失敗を繰り返しながら、
決して諦めずに糸を渡すことに
成功するという話が出てきます。

これもアンターカラナについての教えを
象徴的に伝えている話だと思います。

アンターカラナについての実践的教えは、
アリス・ベイリー著「光線とイニシエーション」の中に
詳しく述べられています。

奉仕の能力を高めたいと思う人は、
この本を研究してください。
  1. 2013/01/04(金) 22:03:50|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピラミッドの謎

ピラミッドの謎
今日はyahooのサイトで、
映像トピック
「ピラミッドの常識はすべて嘘だった?」
という動画を見てすごしました。

1トン以上もある重さの石を
隙間なく積み上げて、
大地震に合っても崩れ去ることなく、
長い年月の間存在してきたピラミッドは、
専門家に言わせると、
現代の建築技術をもってしても、
完成させるのに
百年を超える年月がかかると言われています。
映像の作者は、これが古代エジプト王の墳墓として
建造されたという説には納得のいかないと言います。

研究者はピラミッドに秘められている様々な幾何学を発見し、
その幾何学中に、
天文学と神秘思想が込められているという説でした。

昔読んだ本に
「宝瓶宮福音書」というものがありました。

この中では
ピラミッドは
イニシエーションを授ける場所として描かれていました。

もしこれが本当であるなら、
ギゼのピラミッドは、
宇宙から(たぶんシリウス)からやってきた
地球人ではない人々が
人類の知らない技術を使って
建造したと解釈できます。

2万6000年ごとに、
ある時期スフインクスが
まっすぐにしし座の心臓レグルスを見つめ、
その時ピラミッドの十字に交わる稜線のそれぞれは、
横道帯十二宮のフィクスト・クロスである、
トーラス(おひつじ座)・レオ(しし座)・
スコルピオ(さそり座)・アクエリアス(水瓶座)の方向を
さしているといいます。

この四つの星座は、
いずれも
人がパーソナリティーの支配から抜け出し、
真の第一イニシエーション
(つまり第三イニシエーション)を受ける時の星座です。

あすから二日間ブログをお休みします。
  1. 2013/01/01(火) 21:35:05|
  2. 秘教占星学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ