FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

惑星の囚人(2)

惑星の囚人(2)
先日の「惑星の囚人」という言葉から、
こんなことを思い出しました。

かつて二十代の若者が、
バブル経済盛んなりし頃、
株で大儲けしたのか、
名古屋のTV塔から、
一億円分ぐらいの紙幣をばら撒き、
下で群集がそれを拾うのを眺めて楽しんでいた
という新聞記事を目にしたことがあります。

そんなことをやってみるほど大もうけしてみたいと
うらやましく思って、
記事を読んだ方もおられるでしょうが、
私はその若者の心情を別の見方で見ていました。

大きな会社の高い地位を得ている人が、
突然その地位を捨て、
出家して仏門に入られたという
三面記事を眼にしたこともあります。

大方の人々には
訳の分からない行動に思われるでしょうが、
私にはその心情がよくわかります。

二人にとって、
大金を得たり
地位や名誉を得ることは、
魂の目的ではなかったのです。

魂の目的とは違うものを得たとして、
もむなしさだけが残るだけです。

大金をばら撒くという行動も、
会社の地位と名誉を捨てるという行動も、
一種の破壊的行動で、
魂の第一光線のフォースに触れたためだと
私は理解しています。

いつの日か、二人は魂の真の目的を悟って、
「惑星の囚人」という状態から
抜け出そうとすると思います。
  1. 2012/08/02(木) 21:08:39|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光のネットワーク

光のネットワーク
「2012年は、人類にとって重要な年になる」
と覚者は言われました。

ところでスライブの登場人物の一人で
陰謀論の解説者デヴィッド・アイクによれば、
イルミナティの人々は、
世論の動向をうまく利用して、
それを逆手にとって事件を起こす戦術です。

先日マヤ暦の終末思想についてご紹介しましたが、
アストラル界の情報に敏感となっている人々の間に、
これを真に受けている人たちが多いとすると、
イルミナティの人々は
12月21日に何かの事件を起こすかもしれません。

彼らに対抗する方法を
スライブのフォスター氏が提案しています。

企業家で環境保護主義者の
ポール・ホーキン氏がスライブに登場し、
「社会正義と環境保護に取り組む組織が
 世界全体で百万を超えている」と語っている
とフォスター氏は紹介しました。

それらの団体がネットワークでつながるようになれば、
イルミナティの人々の陰謀は、
成功しないと提案しています。

私たちはこのネットワーク作りの
下準備を行うことができます。

これは覚者が提案されたもので神秘的です。

私は最近はずっと三国志の動画をみていたせいか、
自分が諸葛孔明になったような気分です。

それでイルミナティの勢力と闘うために、
戦闘に参加してくださる人々を招集したいと思います。

最後の闘いを闘うために、
「武勇を示しなさい」
メッセージにあります。

闘う方法は主観的な光のネットワーク作りです。

主観的にネットワークで繋がれば、
客観的ネットワークのネットワークとして、
世界を光の方向に転換する大きな力となります。

世界支配計画を意識的に実行しようとする
エリート一人に対して、
何も知らずにそれに協力させられている
アメリカの人々は百万人います。
日本にも何も知らずに協力させられている人々がいるでしょう。

民衆の意識が目覚めれば、
欠乏と無能力の人々という
エリートたちの世界観を覆すことが出来ます。

光のネットワーク作りに
「吾こそは」と思われる方はご連絡ください。

主観的光のネットワーク作りをするための
トライアングル瞑想を紹介する
パンフレットをお送りします。
無料です。
ご連絡をお待ち しています。
  1. 2012/08/01(水) 21:09:09|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ