FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

パワーかフォースか

「パワーかフォースか」
(デヴィド・R・ホーキンズ著、エハン・デラヴィ&愛知ソニア訳、三五館)
まだ読み終えてはいませんが、
この本に中で紹介されている
キネシオロジーテストをご紹介したいと思います。

TVその他のマスメディアを通して、
公表される情報が
真実であるかそうではないかを
簡単に検証できる方法として、
このキネシオロジーテストが使えるからです。

この方法は、
一頃流行したオーリング・テストの方法と似ています。

オーリング・テストでは、
左手の親指と人さし指の指先をくっつけて
オーの字をつくり、
右手に薬や食べ物を置いて、
誰かに左手のオーの字を横に引っ張って開いてもらいます。
簡単に開くようなら、
その右手の上に載せた薬なり食べ物は
あなたにとっていいものではないということを示し、
簡単に開かないなら、
それはあなたの体にはいいものである
ということを示しています。

つまり筋肉は、
あなたのマインドとは無関係に
生命体にとってよいものかどうかを
目に見えないエネルギーの通路を通して、
把握できると言うものです。

TVで伝えられる情報の真偽を確かめる方法は、
次のようにします。

二人の人物が必要です。
実験者は「パワーかフォースか」の本を読んでおくといいです。

一人の人はまっすぐに立って
右腕を水平にしてそのまま保ちます。

もう一人の人であるあなたは、
質問したいことを紙面に書いて、
腕を水平にしている人に
その質問を読んでもらいます。

例えばTV番組で
「司会者の〇〇氏は、
 ~と伝えていますが、
 このことは真実です」
と読んでもらってから、
あなたはその人の腕を
人さし指を使って下に押し下げます。

彼があなたの指で押し下げようとする力に抵抗できて、
力強く水平に保っているなら、
真実であると判断できますが、
簡単に腕が下がってしまうようなら、
真実ではない可能性があります。

この方法で、
世の中に出回っている情報の真偽を確かめることができます。

なぜこんなことが可能でしょう?

この本の著者デヴィッド・R・ホーキンズ博士は、
物理学にも通じた精神医学者・心理学者で、
彼によると
人間は最高の宇宙コンピュータに接続している
端末のコンピュータと同じく、
人類全体の判断力を
個人的なものにすることができるのです。

機械のコンピュータは、
「喜び」とか「勇気」といった精神状態を
数量化して測定できませんが、
人間コンピュータの方は
これらの精神(スピリット)が
高いレベルのものであると
計測できることを伝えています。

このようにして様々なアイディアのエネルギー・レベルを調べて
表にしたものが意識のマップとなっています。
次のサイト参照:http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/GM/spirit/wordmap.htm

例によってこの本の専門用語を
私は秘教的用語に置き換えて理解します。
パワーというのは魂エネルギーのことで、
フォースというのはパーソナリティー(人格)エネルギーのことだと
理解しています。
スポンサーサイト



  1. 2012/06/30(土) 22:58:21|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖という監獄

恐怖という監獄
動画スライブの中で、
デヴィッド・アイクが
少数のエリート銀行家たちによる支配の仕組みを説明する中で、
自分がはずれ者として集団から弾き飛ばされる恐怖感を
支配者たちはにうまく利用していると述べています。

振り返ってみると、
私の場合、小学生の頃から仲間はずれにされることが、
非常に大きな恐怖となっていたことを覚えています。

孤独になることを怖れなくなったのは、
小学校高学年になった時です。
その頃この恐怖感から解放されました。

私たちは社会の様々なグループに属していますが、
仲間はずれの人、問題なしゾーンからはみ出ている人、
特別な個性を発揮する人、
暗黙のルールからはみ出した人を
私たちは看守のように監視し、
追い出そうとしたり
冷たい目で見ます。

これはピッセス時代を通して培われてきた意識です。

この意識は私たちの心の中にある、
ピラミッド構造の組織が自然なもの、
当然なものであるという固定観念に
伴うものであると気づきました。

これに対して、
トーラス構造が生命の自然の組織構造であるとするなら、
どのような意識も、
よくも悪くも、
全体に影響を与えるということが理解できます。

そして自分たちと異なる意識を持つ人を
異教徒として排斥する自分の中の分離感が
却って自分を全体から引き離すことになる
ということに気づきます。

あなたは意識の中で、
ピラミッド構造が自然のものであると
受け入れているのではありませんか?
  1. 2012/06/29(金) 23:04:55|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名もなく、貧しく、美しく

「名もなく、貧しく、美しく」
これは映画のタイトルですが、
今の時代を無事に生きる
スローガンとして取り上げたいと考えました。

名もなくというのは、
権力を求めないという意味です。

道を進むとき、
志向者は権力への志向が目覚めるかもしれません。
または権力の誘惑があるかもしれません。

貧しくというのは、
お金持ちになりたいという考えが
あなたのマインドを占めるようになるかもしれません。
お金よりももっと大切なものがあります。
それを忘れないようにしましょう。

美しくというのは、
文字通り清廉に過ごすことを言います。
グラマーな女性に誘惑にのることなく、
イケメン男性に心を奪われないという意味です。

今は世界的緊張のときです。
緊張の中では様々な誘惑がやってきます。

覚者は言っています。

誰もが一人ひとり
二つの道のいずれかを選択しなければならない、と。

今は全人類が長い転生周期の頂点を迎えているのです。

今は覚者となっているモーツアルトは、
天才音楽家としての生涯を送った後、
次の生涯は
無名のバイオリン製作者としての生涯を送ったと聞きました。

これは何を意味しているのでしょうか?
  1. 2012/06/28(木) 23:09:34|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルマの法則

カルマの法則
カルマの働き方をほのかに推測するなら、
二千年前に
イエスがタランをたとえにして
教えたことを参考にします。

タランというのは、
当時のお金の単位ですが、
現在は才能という意味の言葉の語源となっています。

イエスの教えのなかで、
旅に出るときに、
三人の息子にそれぞれお金を託し、
上手にお金を増やした子供に
全財産を相続させるという話です。

この話を表面的に理解すれば、
お金をがめつく稼ぐことを
最もよしとしがちですが、
自分だけの繁栄を図る子供からは、
お金は全部とりあげて、
人々のために役立つように使った子供に
譲られるということを述べています。

昔マックス・ハインデル博士の
医学占星学を学んでいるときに、
過去世において、
自分の地位と知恵を悪用して、
牧師の身分でありながら、
奴隷売買をしていた人のチャートについて
説明する記事がありました。

今生では、これまでの生涯で培ってきた知性を失い、
ただ情緒体を洗練し愛情を育成する
生涯を送ることを余儀なくされていました。

このようなカルマの働きは、
慈愛に満ちたものというべきです。

左手の道を意図して選択した人は、
ブラック・ロッジからパワーを授かり、
物質界で大きな影響力を揮います。

しかしそれは物質界とアストラル界のみのことです。

彼らが幾生涯にも渡って、
物質界で利己主義と分離主義を追求し続けるなら、
帰還の旅路はとてつもなく
困難なものとなります。
  1. 2012/06/27(水) 22:21:52|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人類は一つ

人類は一つ
スライブ・ムーブメント・イン・ジャパンのサイトを訪れて、
そこで提供されている多くの動画を観ますと、
もしこれらの動画が伝えていることが本当だとすると、
ブラック・ロッジの世界支配がかなり進んでいて、
世界の悲劇的状況が間近であると考えないわけにはいきません。

この事実について何も知らない人々があまりにも大勢です。
そのことを考えると落胆しますが、
メッセージ第七十ニ信を読んで勇気づけられます。

これらのメッセージは四十年ほど前に書かれていますが、
その内容は現在世界で起こっていることを予言していたかのようです。

主は言われます、「正義は、行われねばならず、必ずや、行われるであろう
と。
「神の法は全ての人に適用される」(メッセージ第八十五信
とも。

神の法とは、
イエスが新約聖書の中で説いている山上の垂訓のことです。
BCは講演の中で言っています、
「人類は一つである」と。

ブラック・ロッジの手下となった人々の
帰還の道のりは非常に遠くなります。
カルマの主がどのように彼らを導くか
予想はつきますが、
それをここでは述べません。
メッセージ第六十四信をお読みください)

怒りの気持ちはヤマヤマです。
が、私たちはスライブの製作者
フォスター・ギャンブル氏が言っているように、
「非侵害の原則」を貫きましょう。
怒りにまかせて残虐な「マネーの男たち」を排除しよう
と考えるべきではありません。
それは彼らと同じ分離主義の二の舞です。
むしろ、彼らが貪欲と利己主義から解放されるように祈るべきです。

そして人々がお金と権力の誘惑によって、
不正義の手下とならないように、
「希望のメッセージ」と
主のことを、勇気を持って急いで人々に報せましょう。

人類の危機に際しては、
必ずシャンバラ(神)の介入があります。
人類の自由意志を侵すのではありません。
人類がシャンバラの介入を希求したのです。
  1. 2012/06/27(水) 12:04:56|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユダヤ人問題

ユダヤ人問題(3)
今日のブログをよく理解していただくためには
三つの光線のエネルギーについての知識が必要です。

人類が完成の域に達するためには、
三つの太陽期を経るべきことを先のブログで述べました。
一太陽期がどれほどの年数であるか正確にはわかりませんが、
動物人間から経験を積んで、
人間界を卒業する人たちが出るようになるほどの
歳月の経過ですから、
相当長い年月です。

第一太陽期には、
第三光線の特質である、
活動的知性を発達させることが人類の課題でした。

その特質は、
一般的には富を獲得する
という方法で発達させられました。

ユダヤ人を自称する多くの人たちが
大金持ちであるのは、
このためかもしれません。

現太陽期では、
第二光線の特質である
愛と知恵を発達させることが人類の課題です。

未来の第三太陽期には、
神の意志の特質、
つまり第一光線の特質を発達させることが
課題となると示されています。

「ホワイト・マジック」の中に
ユダヤ人の先祖が、
地上で十分に経験を積み、
二つの柱の間を通って(イニシエーションを受けて)
神の王国へ移るように、
マスターに呼びかけられますが、
自分が獲得した富を地上においていくことができず、
それを拒否し
この地上を彷徨うことになったという
きわめて古い話が紹介されています。

また別の本の中に、
イエスはユダヤ人の一人として
彼らを解放するためにやってきたにもかかわらず、
イエスをメシアと認めることが出来なかった
ユダヤに固執する人々は、
今回は自分たちの民族ではないメシアを
謙虚な気持ちで受け入れなければ、
解放はさらに遅れて、
多分次のチャンスは、
一世界期後(キャプリコーンの時代)となる
ことが述べられています。

ユダヤ人問題は、
私たち全人類の問題です。
ユダヤの純血に固執している人々は、
世界中に散らばっていますが、
彼らが解放されるためには、
世界各地の民族と交わり、
その中に溶け込むという方法が
解放の鍵となると思います。

自分たちを神から選ばれた特別な民族であるという
誇りを捨て去ることだと思います。
  1. 2012/06/26(火) 22:38:36|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユダヤ人問題(2)

ユダヤ人問題(2)
遠い過去の時代にさかのぼって
人類史を辿っていくことは、
私たちには誰もできません。

アトランチス時代・レムリア時代ということが
述べられているとしても、
それが真実であったとか、
ゆがめられた情報であるとかの判断はできません。

ここで述べることは、
不朽の知恵に書かれていること、
述べられたことの受け売りです。

スライブ・ムーブメント・イン・ジャパンの中では、
私たち日本人は、
イスラエルの人たちと緊密な関係にあり、
彼らと日本の文化には共通するものが
多く発見されると紹介されています。

秘教の教えの中で、
ユダヤ人と自認する人々は、
ユダヤ教を信仰し、
自分たちは神から選ばれた特別な民族であり、
異民族とは異なっているという
意識を持つ人々であると紹介されています。

ユダヤ民族は非常に古い民族です。

神の大計画では、
三つの太陽期を経て、
人類が完成されると示されています。

現在は第二太陽期ですが、
ユダヤ民族は第一太陽期で、
すでに人類となっていた人々であると述べられています。

私たちの大部分は、
第二太陽期に
動物界から人間界に「個別化」というイニシエーションを経て
移ってきた人類と、
古くからの人類であるユダヤ人たちとの混血であると思います。

純粋なユダヤ人というのは、
それを主張する人たちはいますが、
実際にはいません。

全人類が多かれ少なかれ、
古いユダヤ人と新たに人類の仲間となった人々との混血です。

ユダヤ教を信じ、
メシアの到来を待ち望んでいる
純粋なユダヤ民族であると自称している人々も混血です。

彼らはその選民思想という意識のために、
ブラック・ロッジの人々が強く持つ、
利己主義に傾き易い分離感を持ち続けているのです。

そのことが
マインドが非常に優れているにもかかわらず、
イニシエーションの道を通って、
解放の門を通過することの出来ない理由です。
  1. 2012/06/26(火) 00:01:11|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユダヤ人問題

ユダヤ人問題
学生の頃、
サルトルがこの問題を取り上げて
論じているのを読んだことがあります。

秘教の教えでも、
この問題が論じられています。

スライブ・ムーブメント・イン・ジャパンのサイトの中でも、
日本人のルーツが
ユダヤの一枝族であったことが紹介されていました。

いつかこの問題をここでもとりあげたいと思います。

秘教の教えの中での論じ方は、
ユダヤ民族は人類そのものを象徴していて、
ユダヤ民族に根強くあった
選民思想が彼らの解放を妨げている
最大の障害となっていることが論じられています。

新約聖書の中にでてくるパリサイ人は、
この選民思想を強く持っていて、
異教徒と自分たちを区別する
分離主義の意識を色濃く持っていました。

「ホワイト・マジック」の中に示されていますが、
弟子道の途中で出会う多くの落とし穴の中で、
この分離主義の意識が最大のものの
一つと言っていいでしょう。

エリート意識も分離主義の意識です。

かつての神智学協会の会員たちが
クリシュナムルティを長とする教団を作って、
来るべき世界救世主が
クリシュナムルティを媒体として
教えを説くようになったときには、
自分たちがハイラーキーの重要ポストを占めるのだと考えて、
その準備計画を建てていたのですから驚きます。

クリシュナムルティはこの教団を解散しました。

ところでスライブを観ていますと、
フォスター氏は
かの大金持ちのグループを
排除しようというような呼びかけはしていません。

彼らも長い長い転生の過程で
愛を欠いてはいますが、
知性を極度に発達させてきた人類のメンバーたちです。

彼らを排除しようという意識を持つなら、
それは分離主義の罠にかかります。

分離感は解放への道程を
シャットアウトするでしょう。

私たちの中には
無知のために、
お金と権力の誘惑に負けて、
不正義の手下となってしまう人々が
今の時代において非常に多いです。

イルミナティーのことを何も考えていない人々が
決して誘惑に負けないようにするためにも、
主が私たちの中におられることを
大勢の人々に伝えなければなりません。
  1. 2012/06/24(日) 23:09:29|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒りの危険

怒りの危険
「スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン」を見ていて、
怒り心頭です。
そのとき昔足の小指の骨を骨折したときのことを
思い出しました。

当時私は大学に勤めていて、
山の上にあった大学から車で帰宅するとき、
長い下り坂を降らなければなりません。

ある日のこと、
その下り坂を下まで降ってくると、
交通巡査に車を止められて、
わき道に入るように指示されました。
「あなたは30キロの速度オーバーでした」と言って、
反則切符をきられました。

そのとき、
坂道を下ってくれば、
自然にスピードが出てしまうと反論すればよかったのですが、
一応教員という身分だったので、
素直に拇印を押して家に帰りました。

しかし家に戻ってから 
坂の下で待ち構えていて、
スピード違反切符を切った
警官のやり方に理不尽さを感じて、
怒りの気持ちが湧いてきました。

カァッとしつつ、
廊下から土間に降りるときに、
土間においてある
ざら板の角に左足を載せたとき、
左足の小指に体重がかかり、
足の指を骨折してしまいました。

当時秘教の教えを学んでいましたから、
その骨折がどうして起こったか
その瞬間に悟りました。

怒りの気持ちを発出したことが原因だったのです。
地の塩について」)参照。

怒りの気持ちは、
多くの場合自分を傷つけます。

動画「スライブ」を製作した
フォスター・ギャンブル氏は、
動画の中で決して怒りの気持ちを
掻き立てるようなことは述べていません。

怒りの気持ちを禁じ得ない人は、
日本の「スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン」のサイトは、
しばらく見合わせたほうがいいです。
  1. 2012/06/23(土) 23:25:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン

スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン
このサイトのアメノウズメ上級編
「東日本大震災で目覚めたか」という動画を見ました。
冷静な気持ちを保とうとしていましたが、
見ているうちに、
怒りでブチキレます。

昔私の父親は、
自分の子供たちが
彼の思い通りにはならないことを知ると、
「今の教育が悪い。
 今の教員を全部首にしなければならぬ」
といき巻いていました。

私もその父親の血を引いているので、
同じようにいき巻きたいです。

「原子カムラの人々を全員首にせよ」と。

上記の動画を見ていて、
最後には
このような不正がまかり通る
世の中になっていることに
涙を禁じえません。

私たちは猫以下なのか?

どうかみなさん、
このような不正義がはびこる社会を変換するために、
あなたの力をお貸しください。

あなたの一票は、
とても大きな意味を持つ一票です。

あなたの発言は、
とても大きな意味を持つ発言です。

あなたの無関心は、
不正義をはびこらせます。

あなたがお金のため、権威のために
不正義の手下になりませんように。
  1. 2012/06/23(土) 00:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スライブ・ムーブメント

スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン
日本でも、
スライブという動画に関心を持った人々と
情報を共有することができます。

次のサイトを訪れてみてください。
スライブ・ムーブメント・イン・ジャパン


このサイトを訪れて、
真実の情報を得ると言うことが
いかにむずかしいことであるかを
改めて思い知らされました。

私たちのレベルでは、
権威ある人の言うことをそのまま受け入れてしまい、
情報を自分で検証し、
事実であると確認した後に
他の人に伝えるという
手続きを踏むことは
ほとんどありません。

TVなどのマスコミの報道でさえ、
そのまま受け入れることは危険です。

もしそのことを知ったら、
スライブで伝えていることも
本当であろうかと疑いたくなります。

しかしこの中で提案されている
「非侵害の原則」という対処法が
私たちが進むべき方向を示す羅針盤であり、
北極星の方向を示しているという提案は、
直感に訴えるものであり、
自分のこれまでの人生経験で
獲得してきた知恵と一致するものです。

だからスライブの伝えている情報を
真実なものとして私は受け入れます。
  1. 2012/06/22(金) 00:15:42|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

類比の法則について

類比の法則について
以前ブログで、
類比の法則について述べたことがあります。

私は親しい友人に
「ホワイト・マジック」の中の、
人間の三様相という章だけでも、
ノートに書き写して、
これを深く心に留めるように勧めました。

でもみんな忙しいのか
それを実行する人はあまりいません。

「人間は神に似せて造られた」という言葉が、
旧約聖書にありますが、
この人間の三様相を深く心にとめることによって、
地球のこと・太陽系のこと・そして大宇宙のことが
理解できるしくみになっているのです。

「別に大宇宙のことなんて、
 理解しなくていいもんね」
という方には勧めませんが。
意識の拡大を目指す兄弟同胞に
是非とも勧めたいことです。

ところで話が変わりますが、
今日国内産の蜂蜜を
買い求めようとしましたが、
もはや手に入らないようになっていました。

ミツバチたちはどうなったのでしょうか?

地球環境は病んでいます。
私が生きている間に、
この病んだ環境から
地球は回復できるのでしょうか?

人間は病気を自覚し、
その病気から回復して
新しい生活を営むようになりますが、
それと同じ過程を
地球も経なければなりません。

何よりも全人類が
地球が病んでいること、
そしてその病気の根本原因
自覚するということが必要となります。

自覚すれば、回復は早いと思います。
自覚できなければ、、、
否定的なことは想像しないようにしましょう。
  1. 2012/06/20(水) 22:40:59|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いのちの目的

生命の目的
人はどこから来て、
どこに行くのか?

私たちは人生のある時期には、
なぜ自分は生きているのか、
何のために生きているのかという、
哲学的問題に直面します。

そのようなことを考えずに
ただ生きている人も勿論いるでしょうが。

私は小学生のときに、
生家の近くの神社の境内の林の中に座って、
空を見ながら、
「人間はなぜ生きているのだろう?」
という答えの見つかりそうもない疑問を
持ったことを思い出しました。

青年になって、
不朽の知恵を学び、
大生命たちにも目的があり、
私たち人間は、
その大生命たちの目的と意図に沿って生きることを
運命付けられていることを知りました。

大生命の目的は神の意志として表現されます。
私たちが意志と考えているものは、
多くの場合パーソナリティーの欲望にすぎず、
意志を歪曲したものと不朽の知恵の中に
述べられています。

神聖意志(アートマ)と呼ばれるものは、
一般の人間である私たちには理解しがたく、
三種の神器で象徴される
剣と鏡と勾玉を自分のものとした
神々にしか表現できないものと学びました。

再び「スライブ」です。

この動画の最初の方で、
フォスター・ギャンブル氏は、
「生命は力強く成長するのが当たり前で、
それは宇宙の大生命たちの目的でもある」ことを、
未来学者やコスモロジストとともに述べています。

未来学者は、宇宙は自己組織化という
トーラスの整備工場のようなものと
はっきりと述べているではありませんか。

人間の生きる目的を
これほど明確に示してくれた人を私は知りません。
私たちも大宇宙にならって、
自己組織化するというのが目的ですね。
小さな肉体が自分であると考えるのではなく、
宇宙の一細胞・一原子と
自分を認識して。
  1. 2012/06/19(火) 22:39:45|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弟子道という道

弟子道という道
このところ、
テーマが少し抽象的すぎるかもしれないとは思いますが
このブログの常連となっている人々に向けて、
これは是非伝えておかなければなりません。

人は誰しも
人生の目標を持っています。
パーソナリティ-の目標である限り、
その目標が達成される時が
最も危険なときである
というインスピレーションがやってきました。

今日はこのことをお伝えしたいと思います。

「ホワイト・マジック」(アリス・ベイリー著、A.A.B.ライブラリー刊)
の最初の方に、
童謡に歌われている
ウサギと亀の物語が書かれています。

イニシエーションの道において、
人が啓明を得て安心してしまい、
前進することを放棄し、
パーソナリティ-の幸福に満たされた生活を送るとき、
奉仕することを忘れてしまうかもしれません。
これはウサギのことを指しています。

パーソナリティ-の幸福、
つまり、金持ちとなり、
名声を得て、
権力や権威を獲得してそこに安住することは、
魂の最終目的ではなく、
それらにしがみつくことなく、
滔々と流れる宇宙のエネルギーと同様に、
無限のトーラスの流れを辿ることが、
生命の自然の動きであるということを
スライブの中で、
ナッシム・ハラマインという不思議な人物が説明しています。

いのちの水を運ぶ者の中では、
神への帰還の道を辿ることだと主は伝えています。

御父のみ顔を仰ぎ見ることができるまでは、
決して安心して自分だけの幸福に浸ることがないようにと、
自戒をこめてお伝えしたいと思います。
  1. 2012/06/18(月) 23:34:38|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十二について

十二について
再びスライブです
このところ
毎朝スライブを繰り返し見ることが
私の日課になっていると
前にも告げました。

今日は、
12という数字が
数秘的に重要な数であると
以前に述べたことを
詳しくご説明したいと思います。

メッセージ第百九信には、
「もうすぐ十二人の覚者が
あなた方の中に住むだろう」
と述べられています。

これとは別の話しですが、
十二に関連する話があります。

私たちは、
グループ治療を実践しています。

二千年前にイエスが述べた言葉、
「私の名において、
 三人の人が集まれば、
 私はそこにいる」
という言葉の意味を
「キリスト意識を持って、
 三人の者が協力してことにあたれば、
 イエスと同じような力を発揮することが出来る」
という意味に解釈して、
治療において、
二千年前にイエスが行ったような
スピリチュアル治療を行います。

その際、
私は秘教心理学で示されている
魂光線が第二光線と第四光線と第六光線の人が集まれば、
理想的治療が可能であるという
インスピレーションを得ました。
(2+4+6=12)となって、12になります。

どのような根拠かと言えば、
スピリチュアル治療は、
必ず愛の光線を用いるべきことが
アリス・ベイリー著「秘教治療」に示されています。

スピリツアル治療は、
愛のひとつの様相なのです。

愛ばハートと関わりがあります。

ハートチャックラのはすの花の花弁は十二枚、
十二種類のエネルギーで表現されます。

大宇宙のハート・センターである
黄道帯十二宮の十二と同じです。

三人の人が
必ずしも第二と第四と第六の魂光線の人でなければならない
という意味ではありませんが、
グループ治療の最低人数三人の魂光線の合計が
数秘的十二以上であれば、
多分宇宙のハート・センターから
愛のエネルギーの供給を受けるでしょう。
  1. 2012/06/17(日) 23:11:52|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合気道、ガンジー、キング牧師

合気道、ガンジー、キング牧師
これら三つの言葉は、何を物語るのでしょうか?
三つに共通するものは、非暴力的対処です。

動画スライブの中で、
フォスター・ギャンブラー氏は、
世界支配を目論むエリートたちに対抗するのに
暴力的対処をけっして呼びかけてはいません。

18世紀にフランスで発生したフランス革命は
暴力的な反応でした。
そのカルマ的結果は、
必然的に暴力的なものとなりました。

ガンジーの戦い方は、
非暴力・非参加を呼びかけるものでした。

人種差別を撤廃するために、
100万人のデモ行進を呼びかけたキング牧師も
弾圧しようとする政府の警官隊に対して、
非暴力で対処しました。

人々の怒りの気持ちを掻き立てて、
戦争へと突入するシナリオを故意に作ってきた
マネーの男たちに対処するために、
同様の怒りの気持ちを持つことは、
ヤマヤマでしょうが、
感情的な反応はしないでおきましょう。

それよりも
賢い和合の方法があることを
ギャンブラー氏は動画の中で伝えています。

それは、
トロイド状のエネルギー場で、
中心に位置するゼロ点を探ることです。

抽象的で、
むずかしく感じるかもしれませんが、
感情を鎮め、怒り・憎しみ・その他の負の感情がなくなり、
愛によって動機づけれた
鏡のようになった意識には、
どのような道を選択するのが
一番よいのかというインスピレーションがやってくると
フォスター氏は述べています。

これは自然が行っている
愛のテクニックです。
  1. 2012/06/16(土) 23:36:20|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピラミッド構造とトーラス構造

過去のピラミッド構造と未来のトーラス構造
動画スライブの中で、
ギャンブラー氏が
ベクトル平衡体のことを説明しています。

ベクトル平衡体の十二の頂点から、
十二本のスポークが中心に向かいます。

この十二という数字は、
数秘学ではとても重要です。

占星学では一般には、
黄道帯十二星座を二次元平面に描きますが、
本来はベクトル平衡体のように、
三次元の形状をしているのではないかという
インスピレーションが
スライブを見ているうちにやってきました。

私たち人類は、
黄道帯十二星座の星団のエネルギーを、
シャンバラを経由して受けています。

大宇宙のエネルギーは、
絡み合って全てにつながり、
全てに影響を与えています。

人体のエーテル体は、
大宇宙の写しとなっています。

人間の周りにも、
トーラス状の磁場が作られていて、
ダ・ビンチが人間を正方形と円の中に描いて、
人間も高度な幾何学が
基礎となって
作られていることを示唆していました。

スライブの製作者、
フォスター・ギャンブラー氏は、
宇宙は高等数学と幾何学で作られていることを
動画の中で示唆しています。

私たちは、
これまで植え込まれてきた
ピラミッド構造を自然とする意識からぬけだして、
トーラス構造を
しっかりと身につけることを
はじめなければなりません。
  1. 2012/06/15(金) 23:11:48|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつ病からの解放

うつ病からの解放
現在世界全体が
意気消沈の雲におおわれ、
大勢の人々が
うつ病・その他の精神病にかかっています。

うつ病の主な原因は、
人間は本来神聖な存在であるにもかかわらず、
その神聖さが外に表現できていないからだ
とDKは述べています。

社会全体の仕組みと、
経済状態によって
人間本来の優秀さが
外的に表現できていないのです。

うつ病から解放される最も早い方法は、
スライブの製作者フォスター・ギャンブラー氏が
動画の中で暗示しているように、
人間本来の優秀さを表現することです。

脳は自己を観察するという
複雑な作業をすることができ、
観察することによって、
意気消沈の暗雲を
次第に取り払うことができます。

毎日15分程度の
自己観察の習慣を作ってください。

そうすればあなたは暗雲から
逃れることができます。

次にすべきことは、
闘う姿勢を確立することです。

誰と闘うか?

世界支配を目論んでいる
「マネーの男たち」とです。

闘い方は、
動画の中で暗示されているように、
「非参加の原則」を参考に、
お金の使い方を
「マネーの男たち」の利益とならないように、
大手の銀行・石油などのエネルギー産業・
軍産複合体に流れていかないようにすることです。

その他、あなたの独創的な考えで、
積極的に行動してください。

あなたの優秀さが発揮されるなら、
うつ病から急速に解放され、
あなたは自然のエネルギーと
ダンスをするように、
創造活動をするようになるでしょう。
  1. 2012/06/15(金) 03:34:07|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼロ点とは

ゼロ点とは
このところの
私の毎朝の日課は、
動画「スライブ」を繰り返し観ることです。

この動画から
多くのインスピレーションを
得ています。

その中に、
「非侵害の原則」・「非暴力」・「合気道」・
「トロイド状のエネルギー場の中心にあるゼロ点」
というものがあります。

とくにベクトル平衡体の
ゼロ点という言葉は、
暗示に富んでいます。

伝導瞑想で、
三角組みがよくとりあげられます。
三人が基本です。

トライアングル瞑想も
三人でおこないます。

突如私の頭の中に、
三方向に向いたベクトルの
力のバランスが取れて、
ゼロ点となった状態が浮びました。

二本のベクトルの場合、
二つの力の合力は、
一つの方向をさすます。

三本のベクトルなら
それぞれの力の大きさと方向を調整して、
ゼロ点をさぐることが可能です。

私たちの欲望という感情は、
ある方向を向いていますが、
そのカルマ的結末は、
逆向きとなって、
バランスがとられます。

しかし欲望にかぎらず、
感情が静まり、
感情がゼロ点になると、
生命本来の偉大なる力が
発揮されます。

三角組みは
このゼロ点をつくりだすのではないか
という考えが閃きました。
  1. 2012/06/14(木) 03:41:36|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴドーを待ちながら

「ゴドーを待ちながら」
40年前に大学で、
サミュエル・ベケットを
卒論のテーマに選んで、
この作品を読んだことを
感慨深く思い出しています。

BCとIMの講演会での質疑応答で
必ず出る質問が「大宣言はいつありますか?」というものです。

この質問と、
「ゴドーを待ちながら」という、
前衛演劇の関連は、
何かと言えば
一方では
ただ座って大宣言を
心待ちにしている人々もいれば、
他方大宣言はメンタル界ではすでに為され、
あとはそれを物質界へとひきおろすために、
途方もない奉仕のチャンスが作られていることを知って、
喜んで苦闘する人々もいます。

「ゴドーを待ちながら」は
前者の人々を暗示しています。

この演劇のたった二人の登場人物は、
ポゾーとラッキーで、
ポゾーはラッキーの首に縄をつけて、
二人は一方が主人で他方は召使という
隷属関係にあります。

最初の場面で、
ポゾーが、壮大で厳粛な光景を
大げさな身振り手振り描写して
観客を笑わせます。

ポゾーはキリスト教会を、
ラッキーが人類全体を
暗示しているというのが私の解釈です。

ゴドーとはキリストの再臨のことだと思います。

終幕は開幕と全く同じ場面で、
結局は一歩も前進せず、
ポゾーは相変わらずラッキーを隷属状態にしたままです。

この前衛演劇は、
観る人によって、
色々な見方があり、
私の解釈が正しいとはかぎりません。
  1. 2012/06/13(水) 03:36:03|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイラーキーのために金銭をひきつける瞑想

「ハイラーキーのために 金銭をひきつける思索瞑想」
今日は、
「ハイラーキーのために
 金銭をひきつける
 思索瞑想」について述べます。

これは、アリス・ベイリー著
「新時代の弟子道」シリーズに書かれています。

この瞑想は、
もちろん自分のために
金銭をひきつけるという目的で
行う瞑想ではなく、
主の出現過程を助ける
計画を推進しようとする人々のためになる
強力な奉仕の瞑想です。

最近この瞑想を始めて、
これはハイラーキーの意図に沿っていて
単純であるが
強力な奉仕の瞑想であることに気づきました。

そのパワーを信じる人は
是非この瞑想を行ってください。

あなたが
金銭をひきつけるわけではありませんが、
奉仕の能力を高めてくれることは確かです。

毎日曜日の朝に、
大勢の人々が
この瞑想を行うことによって、
現在ブラック・ロッジへと集中している金銭は、
やがて光の勢力の方へと
移ってくるでしょう。

その兆候がすでに現れています。

そして過度な物質的欲望からの
解放をもたらしてくれることは
間違いありません。
  1. 2012/06/12(火) 03:38:22|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴキブリ撃退法

ゴキブリ撃退法

すみません。
今日の話題は、
秘教治療と全く関係がありません。

このところ、
ゴキブリの出没で悩んでいました。

スリッパで叩いていましたが、
目が悪くなったせいか、
カラブリばかりしていました。

バルサンを炊いて、
皆殺しにしなくてはならないかなと思っていました。

ゴキブリが五匹見つかると、
五十匹はひそんでいると友人が教えてくれました。

バルサンは食品にもつくから、
お勧めではないとも。

最近、強力なゴキブリ撃退法を発見しました。
掃除機の吸い込み口に
からす口のような尖った先をつけて、
ゴキブリをそれで吸い込んでしまうという方法です。
百発百中です。

楽しくなって、
台所で掃除機の吸い込みホースを持って、
ゴキブリが出現するのを待機しています。

ゴキブリに悩んでいる人、お試しあれ。

ここから秘教治療の話しです。
6月6日にもグループ治療の実験を三人で行いました。

再び、三人のメールのやり取りで
グループ治療ををまとめました。

お読みになりたい方に、
無料で配信します。

私のメールアドレスに
体験記希望とメールしてくだされば、
添付してお送りします。
  1. 2012/06/11(月) 03:39:36|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンバラ・フォースについて

シャンバラ・フォースについて
シャンバラ・フォースは、
神の意志の様相を表現するエネルギーです。
このエネルギーの破壊の様相を忘れてはなりません。

「マイトレーヤの使命、第二巻」にある
グループ・イニシエーションの説明で、
規定11に破壊のフォースの賢明なる活用のことが書かれています。

魂の光が差し込むと、
パーソナリティー意識で築かれたもので、
魂の活動を妨げるものは、
破壊されます。

私たちの内部には
このシステムが働いていますから、
魂意識とパーソナリティー意識の対立があるとき、
つまり葛藤があるとき、
シャンバラ・フォースの破壊の様相が
顕現すると考えられます。

このようにして無執着を主は促されます。

弟子道に近づきつつある人は葛藤が激しく、
シャンバラ・フォースに敏感となりますと、
この破壊の様相が顕現しやすいと思います。

シャンバラ・フォースの破壊の様相が
現在は世界的に顕現しやすい状況です。
地球全体が新しい皮袋へと、
変換されつつあります。

第二光線の愛のエネルギーと
第三光線の活動知性のエネルギーを用いた
創造活動がはじまると、
第一光線のエネルギーも
自動的に強まるのではないでしょうか?

このことが、
頭中心とハート中心と喉中心の
三つを意識することの意義かもしれません。
  1. 2012/06/10(日) 03:37:29|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坊主失格

「坊主失格」
坊主という言葉を人間に置き換えると、
太宰治の最高傑作の本の題名です。
この本は「人間失格」に勝るとも
劣らない作品です。

秘教に親しんでいる人には、
少し物足りないかもしれませんが、
「社会のはみ出し者」を自認する
文学青年・文学乙女が
小説の世界から一歩踏み出して、
真理の探究に向かうとき読むなら最高です。

チャンネリングを通して、
アストラル界のグラマーで覆おうとする
多くの精神世界の本の中で、
この本はそのような世界とは全く無関係です。

作者小池龍之介氏については、
超訳 ブッダの言葉」でご紹介しました。

「坊主失格」は、
裸の自分・幼児の頃の自分を
冷静に見つめさせてくれる作品です。

不朽の知恵を学んでいる
”学識のある”(もしくはあると錯覚している)、
このブログの常連さんにお勧めします。

特に「渇愛」とか「慢心」(エリート意識)という言葉に
心が微妙に動く
私と同様の人たちに最適です。

190頁以下の
「修行で生まれた新しい自分」の部分は、
圧巻です。

太宰治も瞑想のことを知っていたら、
自殺しなくてもよかったのに。

三歳までの幼児期の体験が
人の生涯を決定するという説は、
シュタイナーだけでなく、
占星学でも述べています。

この本は、その説を主張するものではありませんが、
この本を読んで、
この説の真実性が確認できました。

瞑想法は色々あって、
自己認識を深くする座禅瞑想法は、
奉仕の瞑想に向かう準備として、
取り組むならいいかもしれません。

奉仕の瞑想によって、
自己認識の高まりを実感することが
むずかしいと感じる人にお勧めです。

それに幻影の世界・アストラル界に迷わなくなります。
  1. 2012/06/09(土) 03:39:54|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンバラ・フォース

シャンバラ・フォース
シャンバラには、
世界のキング、サナト・クマラがいて、
王制・専制統治・独裁政治のモデルとなっています。

ハイラーキーは、
民主政治のモデルとなっています。

20世紀に独裁者が多数出現したのは、
一つには
シャンバラ・フォースが世界に放たれたからであると
不朽の教えに書かれています。

シャンバラ・フォースは、
イニシエーションとの関わりでは、
一方でイニシエートを急速に霊的成長を遂げさせます。

他方で左手の道の人々への刺激も
強烈なものとなると言われています。

イニシエーションのシステムは、
超古代のある時期に
この宇宙のどこかでアル事件が起きて、
地球で仕事をしていた
ハイラーキーの高位のイニシエートが、
そちらに移動することが必要となったために、
未熟な地球人の中の進歩した人にイニシエションを施して
霊的促成栽培して、
ハイラーキーのメンバーを補充する
システムを作ったことが始まりだと言われています。

そのためシャンバラからフォースが放出されて、
一方では善意の右手の道を辿る人々である、
ホワイト・ロッジに属する人々が成長し、
他方では左手の道を辿る
利己主義と分離主義の
ブラック・ロッジに属する人々も力を得ます。

なんだか映画の「スター・ウォーズ」のような話ですね。

たぶんこの映画製作者は、
ブラバツキーの「シークレット・ドクトリン」に
ヒントを得ていると思います。
  1. 2012/06/08(金) 03:29:31|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンバラ・ハイラーキー・人類

シャンバラとハイラーキーと人類
アリス・ベイリーの本のどこかに
シャンバラとハイラーキーと人類が
正三角形の三つの頂点となっている
図が示されています。

これまでは
シャンバラのエネルギーが
ハイラーキーを経由して
わずかに人類に到達していましたが、
これからは
シャンバラのエネルギーが
ハイラーキーを経由せずに
直接人類へと注がれることが書かれていました。

アリス・ベイリーの本には、
「なおざりな読者」という表現もそうですが、
Ponder on this.
(これについて、熟考しなさい)
という表現もよく見かけます。

この三角形の意味を
私なりに熟考してみました。

大祈願の第一聯目は、
ブッダの光のことが書かれています。

第二聯は、
ハイラーキーのことが書かれています。

第三聯は、
シャンバラのことが書かれています。

第四聯は、
人類のことが書かれています。

光と愛と力というのは、
人類には、
シャンバラから主として力が、
ハイラーキーからは、
主として愛が注がれていることが書かれています。

光というのは、
中央霊太陽のことかもしれません。

次回はシャンバラのフォースについて
考えてみます。
  1. 2012/06/07(木) 04:47:21|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なおざりな読者への呼びかけ

なおざりな読者への呼びかけ
あなたは「なおざりな読者」ですか?
だったら、
簡単に神の大計画に参加する方法をお教えしましょう。
それはツィターかフェースブックで、
世界の友人たちに
YouTubeの動画「スライブ」を見るように
呼びかけるのです。

友人が見るか見ないかに頓着せずに行いましょう。
だれも反応しなくてもあきらめず、
とにかくやり続けることです。

すると何かが起こります。

生命の中心にいる人も、
外延部にいる人も、
同様に影響を与えることができるというのが、
トーラス構造です。

ギャンブラー氏が動画の最初で教えてくれました。

新鮮で活力に満ちた
そして光輝く影響は、
最も外延部にいる私たち「なおざりな読者」です。
さあ、立ち上がって活動しましょう。

インターネットをやっていなくても大丈夫です。

会う人ごとに、
「あなたはスライブを見ましたか?」
と挨拶しましょう。

きっと何かが起こります。
  1. 2012/06/06(水) 03:15:31|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びスライブについて

再びスライブについて
スライドという動画を見ていて、
これまで不思議に思っていたことが、
絡み合った糸の塊が、
すーっと解かれていくような
快感をおぼえました。

主要メディアが
UFOのことを報道せず、
ミステリー・サークルは、
老人たちがいたずらで、
夜間にこっそりと作ったものだという
報道がなされていたり

病院にいくと、
大量の薬を処方されますが、
医師のアドバイスを守って、
忠実に飲み続けても、
病気から回復するどころか、
かえって長引く原因を作っていたということ、

とっくに
クリーン・エネルギーの技術は開発されていたのに、
その技術の公開が
いつのまにか闇の中に
ほおむられてしまっていたこと、
あげればきりがないほど、
不思議な統制が及んでいたことが
明らかとなりました。

彼らから
インターネットのコントロールをさせないように、
注意していなければならないと思ったことでした。

この映画の製作者のギャンブラー氏は、
身の安全は大丈夫なのかと心配になりました。
  1. 2012/06/05(火) 04:07:15|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーラス構造について

トーラス構造について
トーラス構造について知っていますか?
先日、スライブという
インターネット上の動画サイトで見られる
この題名の動画を紹介しました。

この中で最初に紹介されている
トーラス構造は、
身近なところでは、
りんご・オレンジなどの果物に
その相を見ることができます。

この構造はエネルギーを効率よく無駄をなく、
全体に行き渡らせる性質を持つと同時に、
自浄作用も持ち、
その中の一つのポイントから
全体に影響を与えることができる
ということを示唆していました。

あなたは外面的には独立しているように見えますが、
孤立した存在ではなく、
このトーラス構造の中に
組み込まれているのです。

以前に「和合」について
お話をしましたが、
全ての存在が
トーラス構造の中に組みこまれているとしたら、
和合は必然です。
どんなに些細な行動も、
全体に影響を及ぼすことが理解できるからです。

この動画を見て、
私はとても勇気付けられ、
世界はまもなく大転換して、
明るい未来が待っていることを確信しました。

同時にささやかながら、
その大転換への動きに
だれでも参加できるのではないかと
思うようになりました。

なぜなら全ての人は
  1. 2012/06/04(月) 04:28:50|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特権意識について

特権意識について
いつだったか、
イギリスのフィンドフォーンのことを
BCが語っていました。

ここでそのことを述べることに、
少し躊躇をおぼえますが、
勇気をもって語らなければならないと思います。

フィンドフォーンは、
検索して調べればわかりますように、
ニューエージ・ムーブメントの一つとして、
スピリチュアル活動の、
先駆的役割を担ってきました。

しかしBCは
この活動はグラマーに満ちていることを指摘していました。

具体的には、
どのような点がグラマーに満ちていたか
お話になりませんでしたが、
グラマーという表現から
大体の予想はつきます。

ニュー・エージと言いながら、
ピッセス時代の精神に育まれてきた人々が運営するのですから、
経営と組織構造の面で、
アクエーリアスの精神とは
程遠いものになっていたに違いありません。

ピッセス時代の特徴と言えば、
エリート意識と特権意識です。

フィンドフォーンの運営に当たる人々の中に
エリート意識があったかどうかはわかりませんが、
私たちの身近にある
スピリチュアルな団体にも、
この特権意識がないとは言えません。

真のアクエーリアス人は、
そのような意識は持たないでしょうね。
  1. 2012/06/03(日) 04:29:38|
  2. 秘教治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ