FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

ビジョン

ビジョン
「ビジョンと洞察をもたらしめ、未来を明らかにせしめよ。」

友人と話しているときに日本の農業のことが話題になりました。

30年ほど前のことですが、
愛知県の設楽町に農業を教える学校が新しく設立されるという新聞記事が掲載されたことがあります。

設立者は国の元役人の方で、
日本の農地を調査しているうちに農地の中に含まれている窒素が生命を育むものではなく、
大量に使った化学肥料のために、
生命活力のない窒素ばかりとなっていて、
このままでは日本の農業がダメになると知って、
父親から遺産を相続したことを機会に政府の役人をやめて、
新しく農学校を作ることにしたということです。

化学肥料を使わずに、
牛や馬や鶏などの家畜の糞を発酵させた有機肥料を用い、
生きた窒素を含む土に戻したいと、
自然農法を教える学校です。

シュタイナーの本を読んで、
地球の土が栄養価の高い作物を育てることができなくなりつつあると心配していた私は、
その新聞記事を読んでとても勇気づけられました。

先日ESDのことをブログに書きました。

農業に限らず持続可能な生態系を作り上げるには、
人間が動物界・植物界・鉱物界のエネルギー循環を知悉し、
下位王国のバランスを維持するように、
いくつかの要素をコントロールすることができなければなりません。

宇宙的イベントが間もなく行われます。

それをきっかけに、
目覚めた人類はが地上おいて占めている己の役割を認識し、
あらゆる分野で創造的働きを果たすようになるでしょう。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/19(水) 20:47:04|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録

新約聖書の一番最後に「ヨハネの黙示録」と称される象徴的記述があります。
「啓示」とも呼ばれています。

これは人類の歴史を総監した予言の書であって、
この中の災害が次々と起こり国と国が対立するという図式がアルマゲドンと言われ、
世の終わりを描くものであるという解釈がなされ、
オカルト系の映画や書籍をにぎわしたことがあります。

いくつかのイニシエーションの内で、
五番目のイニシエーションは「啓示」と呼ばれていて、
このイニシエーションを受けて、
人は覚者となると秘教に示されています。

ヨハネの黙示録は、
ヨハネが二千年前の生涯で、
啓示のイニシエーションを受けていたということかもしれません。

時代の移り変わりを描写するものですから象徴的描写です。

天災が次々と起こってくるときは時代の変わり目で、
黙示録に描かれていることは一つの時代の終わりのことです。

およそ二千年後も再び新しい時代の変わり目となって、
同じようなことが起きて来ると思います。

このたびの豪雨・土砂災害、東日本大震災などの災害が次々に発生するのを見て、
ヨハネの黙示録のことをふと思いだしました。
  1. 2014/09/11(木) 21:33:31|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慣性の法則

慣性の法則

いつかこのブログで、意識の慣性の法則を取り上げました。

物質界では抵抗がないかぎり物体は同じ運動を続けます。
これを運動法則の慣性の法則と言って、
物理学では有名な法則です。

かつて新興宗教の創始者高橋信次氏が述べられたことですが、
人間の意識にも慣性の法則があり、
死ぬ時の意識が霊界ではほぼ永遠に続くそうです。
何らかの執着をもって肉体を去ると、
その執着のために成仏できず、
地縛霊となるという説明でした。

地縛霊となるかどうかということ以前に、
私たちの意識はよほどのことがない限り、
いつまでも同じ状態であるということに気づくかどうかは今は重大な問題です。

なぜなら今地球環境はあと十数年で後戻りできない状態になると、
科学者たちが述べているからです。

このニュースに接しても、
これまでの生活習慣を変えなければと考えて、
実際に生活習慣を変える人はよほどの人で、
ほとんどの人は生活習慣つまり意識の持ち方を変えることはありません。
  1. 2014/07/03(木) 17:46:58|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真味、之淡。

真味、之淡。

世の中の出来事を二種類に分けるとしたら、
派手で私たちの感情や感覚に強い印象を残すものと、
さほど強い印象を与えないものがあります。

後者の中には、或る時、突然その真実の価値が意識に上ってくることがあります。

たとえば太陽の光とか空気や水の価値がそのようなものです。

これらを普段は当たり前に享受していますから、
取り立ててその重要性を認識することはありません。

スピリチュアルな事柄も、
何気ないものと、
特異であるため普通の生活体験の中では認識しにくいものの二種類があります。

後者を霊能力者は認識し、
そのことを霊能力を持たない私たちに告げます。

霊能力によってしか認識できないことというのは、
日常生活では心の準備ができていないないうちに、
私たちが知ってしまうことが避けられているからではないでしょうか?

私たちは多くの認識すべき事柄を持ちますが、
心が準備できないうちに知ることがないように、
リアリティのある部分は、
或る種の保護膜で覆われています。

日常的なことがらは単純で淡泊ですが、
よくかみしめると、
その中にとても大切で長く影響を与える真実が隠されています。
  1. 2014/05/27(火) 23:20:18|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毒キノコ

毒キノコ

何年か前に新聞の三面記事に、
名古屋大学に在籍する中国人留学生の夫婦が、
自分たちが山で採ってきたキノコを食べ、
二人とも死亡したという記事が載ったことがあります。

記事には、
そのキノコが、
食べるとおいしいキノコと外見が同じなので、
毒キノコとは一見して判別しいくいことが書かれていました。

国立大学の留学生ということですから、
食べられるキノコか毒キノコかを見分ける知識を持っているだろうにと私は思いました。

キノコの種類を調べてみると、
一般には毒キノコは外見がけばけばしく、
見るからに毒キノコとわかるものが多いです。

中には外見が地味で、
食べれば美味であることが知られている有名なキノコに、
形も色もそっくりなもので、
恐ろしい毒を含むものがあります。

素人にとっては識別しにくいです。

なぜ毒キノコのことを突然思い出したかと言えば、
透視能力を発揮する団体には、
一見すると、
ハイラーキーの活動とよく似た活動をする団体があるからです。

前進しようとしている熱誠家と呼ばれる人は、
識別力がことのほか大切ですね。
  1. 2014/05/27(火) 14:38:56|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0