FC2ブログ

秘教治療

アリス・ベイリーの秘教治療を紹介しつつ、ヨガの先生の教えを回想する。霊治療、光線エネルギーのまったく新しい知識を織り込んでいきます。エーテルについての知識を広めることを目的としています。

スポーツの頂点

スポーツの頂点
昨日の深夜錦織選手のテニスの試合を見ました。

惜しくも優勝はできませんでしたが、
彼の出身地の人々だけでなく、
日本全国の人が彼の健闘をたたえています。

テニスの世界一を目指して渡米し、
ここまで成長してきたことを誰もが知って、
勇気を与えられたことでしょう。

ぶれずに一つの目標を追究し続けるという姿勢は、
私たちのあるべき姿だと思います。

グランドスラムの次の大会で、
きっと優勝してくれると期待しています。

錦織選手に対するNHKのインタービューに応えて、
優勝をかけたマリン・チリッチ選手との試合の中では、
「自分のプレイができなかった」と言っていました。

優勝をかけた試合になって、
「勝ちたい」という思いが強くでてくると、
緊張してリラックスしたプレイができなくなり、
これまでのプレイとは違って堅さが目立ちました。

これはすべての優れたスポーツ選手に共通して起きることです。

最後はスポーツの技術や体力と言うよりも、
マインド・コントロールができるかどうかに焦点があるようです。
スポンサーサイト



  1. 2014/09/10(水) 09:07:39|
  2. スポーツ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレッシャー

プレッシャー

私は昨日の日本VSコロンビアのサッカーの試合は見ませんでした。
なんとなく結果がわかっていたという感じです。

このように書くと、
日本の多くのサッカーファンの顰蹙を買いそうです。

ザッケローニ監督が選手の皆さんに
「無心になる」ことを提案していたと伝えていたことを私は知っています。

勝ちたい勝たねばならないという気持ちが、
どの選手にも強く出ていたのでしょう。

日本の国を背負ってピッチに立つというプレッシャーは、
オリンピックのフィギュア選手、
浅田真央選手のときのように過度の緊張を与え、
のびのびとしたプレーをできなくします。

無心と言えば、
ロサンゼルスオリンピックの体操の金メダリスト、
具志堅幸司選手が床運動の演技をするときに、
ブツブツと何かを呪文を唱えて、
無心になろうとしていたと述べていました。

最近では、
同じく体操の選手内村航平さんが、
体操選手になる前にトランポリン競技で、
競技を楽しんで演技をしていたことが、
他の選手たちの緊張とプレッシャーを感じつつ演技をしていたのと対照されていました。

体操に限らず、
どのような仕事をするときでも無心になるとき、
人はインスピレーションを受けて体を動かします。
すると神業的で、
思いがけ無い演技ができます。

インスピレーションは神智学では、
ブッディのエネルギーと説明しています。
  1. 2014/06/26(木) 18:52:51|
  2. スポーツ観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0